安い料金

ビジネスマンとパソコン

現代の日本では、外付けhddが高性能で安く販売されていることもあり、広く普及し利用されています。 そのため外付けhddのトラブルも多く、データ修復の依頼も多くなっています。 最近のデータ修復の専門業者はさまざまなサービスを行っており、それを利用することによって通常よりも安い料金でデータ修復の依頼をすることができます。 例えば、あるメーカーの外付けhddならば通常よりも70%の料金で依頼を受け付けてくれる専門業者が存在します。 このようなサービスは専門業者のホームページに掲載されており、お得に利用するなら、依頼する前に何社か専門業者のホームページを確認してみることをお勧めします。 仮にすぐ依頼する必要がなくても、今確認しておけば、いざという時にスムーズにトラブルに対応することができるので、興味があれば覗いてみるべきです。

外付けhddのデータ修復の料金は、そのデータの破損原因によって異なってきます。 破損原因は物理障害と論理障害に分けられ、物理障害の方が費用が高くなる場合が多いです。 物理障害とは、文字通り物理的、機械的ダメージによる障害で、外付けhddを落としてしまった場合などが該当します。 軽度の障害ならば相場で7万円から10万円程で、障害がひどいとそれ以上の料金が掛かることがあります。 論理障害とは、機器自体は故障していないにもかかわらずデータが閲覧できない状態をいい、誤操作によるファイルの削除などが該当します。 軽度の障害ならば相場で3万円から6万円程掛かり、これも障害が重いと料金が高くなります。 障害が起きた外付けhddの取り扱いは注意が必要で、下手をすればデータを修復できなくなる場合もあるので、トラブルが起きたら専門業者へ連絡し、どのように対応すべきか確認する必要があります。