トラブル対策

グラフを表示するモニター

パソコンのハードディスクトラブルが発生した場合にハードディスク内のデータを抜き出せない程の重度の障害の場合がある。その場合にはあらかじめバックアップされていたデータを利用してデータ復旧を行うケースが多い。 では、ハードディスクトラブルに備えたデータバックアップにはどの方法がよいのだろうか。 まずは外付けハードディスクへのデータバックアップである。これは企業だけでなく一般家庭でも行われている方法である。この方法はUSBケーブルを接続するだけであとはデータを任意の方法でコピーまたは移動するだけである。外付けハードディスクでもLAN対応したものやセキュリティが強化されたもの、トラブル時に備えたRAID構成されたものなど様々なものがある。

外付けハードディスクからのデータ復旧はかなり容易に行うことができる。但し、念のため、他の方法でのバックアップも考慮した方がよいと思われる。 データ復旧を速やかに行うという事から考えれば、DVDやブルーレイディスクなどの外部媒体へのデータバックアップの有効だといえる。媒体自体安価であり、スペースもとらないため、保存方法に気を付ければ、かなり有効な方法ではないだろうか。動画データなどもブルーレイディスクであれば、かなり保存が可能ではないだろうか。 ハードディスクのデータ復旧という点であれば、データはほぼ毎日バックアップをとっておいた方がよいだろう。日が空くと空白の部分が生じるためである。特に日々データ更新を行っているデータがある場合は必須であるといえる。