高まるニーズ

カラーの書類とペン

データセンターは、企業などの情報をネット経由で保管をしておく場所となっています。近年では情報化社会となり、やり取りをするデータ量が爆発的に増えています。そのため、データセンターの必要性も高まってきました。データセンターの運営会社では、従来は倉庫事業を行っていた所が業態変化をしたケースが出ています。また、大手のネット通販会社では世界規模でデータセンター事業を拡大していく動きもあります。ここ数年ではクラウド化が進んでいるために、ますますデータセンターへの需要は高まってきていると言えます。この流れを受けてデータセンターの運営会社では、室内のサーバのスロットを増やす対応が行われています。また、運営会社の中では新たに建物を増築していく流れも継続しています。

今後もクラウド化の流れは加速していくことから、データセンターへの需要は引き続き高い状況が続きそうです。高まるニーズに対応をするために、運営会社の中ではコンテナの中にサーバーを置く簡易的なデータセンターを増やしているところがあります。この方式であればコンテナを増やしていくだけで保存できることから、コンテナ型が今後は多くなっていく可能性があります。また、一方でデータセンターでは情報管理の安全性が重視される時代になっていくと考えます。クラウド化によって企業では重要な情報を保存する必要が出てくるからです。運営会社では依頼企業の安全性に応えるために、他のデータセンターと提携してセンターどうしをネットワークで接続していく動きが加速していきそうです。